2010年10月05日

井戸掘りまして

これだけ水が豊富な町で、水道を引くのもどうかと思っていましたが
I重機さんが「井戸掘ろうか。多分出るぞ。」と言ってくれたのでお願いすることに。

CA3A0510.jpg

重機で掘るというので、大きな穴になるのかと思ったら、以外に小さい穴で、垂直に掘り進められています。
掘っている途中からも水が出てきていましたが、ついに7m付近で下から吹き上げるほどの水が!!

出た水はポンプで吸い上げながら、下にたまった土砂や泥を丹念にすくい上げて
管を立てていきます。
横の岩が崩れたらとひやひやして見てましたが、やっている人は本当に危ない作業です。
見ててちょっと泣きそうになりました。感謝感謝。
幸い固い岩盤と岩盤に挟まれたところだそうで、もろくはなかったようです。

管を立てながら、下から大きめな石、砂利と詰めていって、上は水を通さない粘土で蓋をするような格好にします。
こうすれば、上から雨水が井戸に入ることは防げるそうです。
次の日が雨ということで、暗くなってからも作業を続けました。

まだ飲んでませんが、汲み上げた水を触ると、冷たくておいしそうでした。

CA3A0511.jpg

CA3A0509.jpg

一番上の棚田も、寄せてあった耕土を重機で均してもらったので、早速耕運機をかけました。
こちらはススキの株も少なくて、なかなかいい感じ。耕すのも楽です。

はさ掛けトラストの稲刈りに東京から来ていた健吾くんにも手伝ってもらいました。
ありがとう。また来てください。

CA3A0519.jpg

棚田4枚のうち、下2枚は田んぼにするということで、丁寧に畦も作ってもらいました。
畦は、耕土を使うとモグラに穴を空けられたりするので、ちょっと深い所から、栄養の少ない土砂を運んで固めていきます。
砂利も含んでいるので、硬く固まるそうです。さすがとしか言いようがありません。

CA3A0523.jpg

荒れ地が美しいところになってきました。
posted by ようせい at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

9月のあれこれ

CA3A0488.jpg

焼津に暮らす友人夫婦が10月に蕎麦屋をオープンするということで、
9月15〜17日と、バタバタの改装中にベイルを持ってお邪魔しました。
客席とギャラリー部分との間仕切りに2段半ほど積んで

CA3A0492.jpg

とりあえず1回塗りだけしてきました。
ベイル単独に積む場合、藁縄や竹串で固定するだけではぐらぐらして心配なので、
今回は番線も使って、垂木と垂木でベイルを挟み込むようなかたちで固めてみました。

PA0_0015.jpg

9月22・23は東京ビッグサイトで「BioFach Japan オーガニックEXPO2010」
に白川町有機の里づくり協議会として出展してきました。
世界からオーガニックフードやコットン、コスメ、建築などの300近い団体が出展していて、予想よりかなり大掛かりでした。

PA0_0011.jpg

そのなかで、僕らは「有機農産物マッチングパビリオン」というブースで、試食を提供したり、質問に答えたり、
まともに休憩も取れないほど忙しい2日間でした。今後につながるといいなぁ。

東京から戻ったら、はさ掛けトラストの稲刈り。

CA3A0504.jpg

沢山の方に参加して頂いて、黒川と切井を2日間ではさ掛けしました。

DSCN3982.jpg

お米の出来はまずまず。新米がたのしみ。

CA3A0502.jpg
posted by ようせい at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

あの荒れ地が・・・

地熱利用の横穴。
暑い日に中を洗ってみました。

CA3A0461.jpg

う〜ん涼しい。
ツルツルピカピかです。

下から上を見上げると

CA3A0460.jpg

こんな感じ。

CA3A0462.jpg

半地下室の隣は、温室として使うところが出来ました。

隣接する棚田は

CA3A0464.jpg

地元のシルバーさんにも手伝ってもらって草を刈り
石垣に生えた灌木もきれいにして

CA3A0465.jpg

重機で耕土を掘り起こしてまとめ、下の固い地盤を出します。
そして、側溝や場合によっては暗渠(あんきょ)を入れて排水を良くして

CA3A0468.jpg

まとめた耕土が乾いた時点で、ほぐしながら大きな草の株や蔓の根を取り除いて
全体に均して行きます。

と、まぁ簡単に書きましたが、これがなかなか大変な作業でして。
もちろん重機があったから出来たのですが、毎日炎天下の中クタクタになりながら作業して、

とうとう、とうとう・・・

苦節2年4ヶ月・・・

CA3A0474.jpg

耕せるまでになりましたぁ!うぅ(涙)感動です。

CA3A0475.jpg

posted by ようせい at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

いろいろ仕掛け中

CA3A0444.jpg

管が立ち上がりました!

CA3A0445.jpg

外はこんな感じ。

CA3A0448.jpg

中はまるでトンネルです。
さて、これがどんな効果があるか。楽しみです。
ま、とにかく子供にとっては格好の遊び場でしょう。

CA3A0455.jpg

こちらは、やはりB品のヒューム管を積んで、半地下室を製作中。
田舎暮らしには、いろいろと貯蔵する部屋が必要なんですよね。
お味噌とか梅干しとか。
天井はコンクリートを打って、ちょうどデッキの下になる予定。

CA3A0450.jpg

田んぼは、7月末に出穂。
今はこんな感じです↓。

CA3A0454.jpg
posted by ようせい at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

I重機さん始動!

CA3A0404.jpg

家を建てる部分にはほとんど土が入ったので、前々から相談していたI重機さんに
やっと来てもらって、敷地づくりが始まりました。

ここから下へ降りられるようにして、排水はここでと、地形をどんどん造っていきます。仕事がとても早いっす。

CA3A0410.jpg

I重機さんのアイデアで、この管を地中に埋めて地熱利用を企んでます。

CA3A0409.jpg

ここに管を並べて、家の真ん中あたりに立ち上げてくるという計画です。
深さは4mくらいあります。なんかスケールがデカイ。

僕はと言えば、只今生い茂った竹やぶと格闘中です。

CA3A0408.jpg
posted by ようせい at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

ジャガイモ豊作!が・・・

CA3A0388.jpg

今年は大雨が続いたので、ジャガイモは土の中で腐っちゃったかもなぁと
枯れた茎の下を掘ってみたら、意外にいいサイズのジャガイモがゴロゴロと
出てきました。おぉ〜すごいすごい。

と思って、とりあえず畑で乾燥させて、家に持って帰ったら・・・

なんと全部ちょっとずつ腐ってきてしまって、

こりゃいかん!ということで、毎日ジャガイモを消費する日々です。

でも、青いジャガイモとか芽にはすごい毒性があるみたいで、ネットで調べたら
ちょっと怖くなりました。このジャガイモは青くないし、芽も出てませんが、
あんまり食べ過ぎるのはやめた方がいいかもしれませんね。

さて、気を取り直して田んぼ。

CA3A0394.jpg

なかなか元気に分けつしてます。
今年の田んぼは草が少なくてとっても優秀なのですが、今年も草取るぞ〜と意気込んでいたので、ちょっと拍子抜け。オタマジャクシも除草に一役かっているのかな。

CA3A0395.jpg

こちらが苗代で作った苗の田んぼ。
成長が早くて、大きく、葉色も濃いです。

CA3A0396.jpg

こっちは苗箱で育った小さい苗の田んぼ。
茎が細く、成長にムラがあります。

差がはっきり出てしまいましたね。
田んぼの違いもあるかも知れませんが、やっぱり苗代で育てた苗はすごいです。
安心して見てられる感じです。
来年は、全部苗代で出来るようにします。
posted by ようせい at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

梅雨らしく

最近は雨が続いてます。
でも、梅雨のシトシト雨という感じではなくて、ドカッと降って、大雨警報が出るようなそんな毎日。まだ小さな野菜達には、あまりよろしくないような気がします。

というわけで、5月の消防団操法大会も無事(膝を痛めて歩行困難になりましたが・・・)終わり、6月からたまった農作業をやっています。

まずは田んぼ。

CA3A0339.jpg

5月はじめに荒掻きをして水を入れていた田んぼは、オタマジャクシがいっぱいです。
田植えが出来るように、畦塗りをしたり、田んぼの端の草を取ったり、田んぼの整備はなかなか重労働。
そんななか、田んぼの生き物もたくさん見かけました。

CA3A0345.jpg
コオイムシ。オスが卵を背負ってるそうです。なんだか親近感。
CA3A0346.jpgイモリ?ヤモリ?田んぼだからタモリか。

CA3A0347.jpg

代掻きして準備万端です。

CA3A0356.jpg

6月6・7・8日と、東京や千葉から助っ人がやってきて、一緒に田植えをしました。

作業というよりは、夜の話しの方が長くなってしまいましたが、なかなか会う機会もないので、好しとしましょう。

CA3A0358.jpg

おかげで田植えが無事終わりました。

CA3A0359.jpg

まだまだたくさんオタマジャクシがいます。
畦を歩いていて、なんかプツプツと音が聞こえるなぁと思っていたら、ジャクシちゃんが呼吸をするために水面に上がってくる音でした。

10日後。
CA3A0364.jpg
CA3A0363.jpg

2週間後。
CA3A0375.jpg
CA3A0374.jpg

実は、田んぼの苗代で作った苗は、やっぱりというか結局足りなくなってしまって、足りない分は有機仲間から分けてもらったのですが、そちらは苗箱で育った苗で、ちょっと小さくて、成長の具合も今のところ全然違います。これからどうなるのか。観察してみます。

CA3A0362.jpg

今年はイチゴが豊作でした〜
DSCN3452.jpg
posted by ようせい at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

埋め立て進行中

5月ですが、まだまだ朝晩は寒い白川町です。

4月に子供が産まれて、ひと月ほどほとんど名古屋で生活していましたが、農作業にとって大事なこの季節。行ったり来たりと慌ただしい日々でした。

CA3A0269.jpg

田んぼに水が入れられて、今年もお米づくりが始まっています。
まずは1枚だけ荒掻きをして、今年も苗代に挑戦します。

CA3A0332.jpg

しかし、せっかく出そろった頃にちょっと油断したら雀につつかれて、無惨な姿に・・・やっぱり西尾さんに苗を分けてもらわなくてはいけなくなりそうです。

そんな中、友人の結婚式で東京の自由学園・明日館に行ってきました。

CA3A0280.jpg
CA3A0292.jpg

絵になります。

そして、愛知県半田市で行われているストローベイルハウスのワーックショップにも参加。

CA3A0305.jpg

鉄骨造の店舗だったものをリフォームして住宅にしています。

CA3A0308.jpg

今回は、現場でストローベイルのサイズを調整する事なく、事前にきっちり収まるようなサイズでベイルを製作して積んでいます。
さすがに美しく収まっています。

CA3A0311.jpg

お昼はお施主さんのお母様お二人が準備してくださいました。
肉じゃが丼うまい!とても恵まれている現場です。

CA3A0313.jpg

天井や一部壁は野地板仕上げです。完成が楽しみ。

一方ウチの建設予定地は・・・
居ない間に埋め立てがすすんでいて

CA3A0268.jpg

まずは道がぬかるむので、ズリとよばれている石をしいて

CA3A0323.jpg

こんな感じ。
埋まってきてます。
今まで何もなかったところに立てるのはなんか不思議な感じです。
景色も違って見えます。

それから今年、なんと消防団の操法大会の要員に選ばれてしまって、これから2週間は毎晩練習です。
体力が持つかどうか・・・とにかく頑張ります。
posted by ようせい at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

椎茸のこのこ

CA3A0207.jpg
CA3A0208.jpg

今年は椎茸が豊作です!2007年春に仕込んだ原木から、ぽこぽこと大量発生中。待った甲斐がありました〜

CA3A0192.jpg

しかも肉厚で旨い!春の楽しみが増えました。

CA3A0211.jpg

ストローベイルハウス建設予定地の近くで放牧されているヒツジちゃん達。子羊が増えて可愛いです。ウチの雑草も食べて欲しい。

CA3A0210.jpg

造成はしばらく掛かりそうなので、とりあえず現場にコンポストトイレを作ってみよう!
というわけで、まずは、基礎の位置を出すために、一人であっちこっちと測って、杭を打って、計画した寸法で水糸を張ってみました。でも、ちょうど柱のくる位置にススキの根っこがあったりして、まずは根っこ掘り。なかなか苦労してます。
捨てコン打つべきかどうか・・・

CA3A0212.jpg
posted by ようせい at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

冬眠から覚めて

3月に入って、黒川もずいぶん春らしくなってきました。
今年の冬は寒かったなぁ。

CA3A0163.jpg

1月2月は雪の日が多くて、なかなか外作業も進みませんでしたが、友達からユンボを借りて、ススキの根っこと表層の土をまとめてすくい上げて山積みしたり、埋まってしまっていた溝を復活させたりしました。
とにかく広くて気が遠くなりますが、少しずつやっていくしかないですからね…

CA3A0170.jpg

1月には、久しぶりに名古屋市にある「藁文の家」も訪ねてみました。
(建設の様子はこちらで見れます)
雨風で土壁が洗われて、ずいぶん風格がでてきました。
改めてこのストローベイルハウスは、こじんまりとしていていいなぁと実感。

2月に入ってからは、はさ掛けトラストの味噌づくりがあり、
次の週末は、京都から添田さん(1997年愛農高校卒業。2004年に舞鶴市西方寺で就農。添田さんは現在、舞鶴・加佐地域の新規就農者や若い農業青年たち約15人のメンバーで「若い衆でやろう会」を組織している。地域活性化の中心メンバーとして活躍中。)を招いた講演会があったり、さらに次の週は宇都宮市で行われた民間稲作研究所の公開シンポジウムに参加して、昨年6月に完成した有機農業技術支援センターを視察に行ったりと、なかなか忙しい日々でした。

CA3A0180.jpg
味噌づくり。
CA3A0182.jpg
CA3A0183.jpg
これからのヒントがいっぱい詰まった講演会でした。
CA3A0184.jpg
立派な研修施設です。

今年の1月に、八ヶ岳での研修を終えて黒川に引っ越してきた伊藤くんのビニールハウスづくりもお手伝いしました。

CA3A0189.jpg

同世代の心強い仲間が増えて、ますます黒川が面白くなりそうです。

CA3A0191.jpg

早速ハウスの中で種を蒔いたみたいですね。
プロの技を盗まなきゃ。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする