2008年05月10日

まずは草刈り

DSCN9923.jpg

5月に入って、新しい土地の草刈りをはじめた。
まずは家をたてる部分から。

5月4日(晴れ)暑い1日・・・
この日は、奥矢作で炭を焼いている杉野さんと、田代さん、大矢さんに
手伝っていただいた。(杉野さんのブログ「炭やきは地球を救う」はこちら)

DSCN9922.jpg

杉野さんには、チェーンソーをメインで作業していただいた。
毎日のように山に入られているそうで、動きに確かな説得力がある。
水浸しの足下で、ツルの絡まった松を切ってもらった。

DSCN9924.jpg

田代さんと大矢さんは、草刈機で頑張っていただいた。
とにかく草と奮闘した。

DSCN9966.jpg

今の季節、草の勢いはすごい・・・

DSCN9968.jpg

5月9日(晴れたり曇ったり)
今日は農業委員のHさんが手伝いに来てくれた。
土地の事でも大変お世話になって、草刈りまで応援に来てもらって、
もうどんなふうに感謝していいか分からなくらいだ。
とにかくこの場所でしっかりやっていきます!

しかし里山に住む人はすごい!刈り倒しただけで散乱していたススキを
順序良く片付けていって、田んぼらしくしていく。

DSCN9925.jpg

これが・・・

DSCN9963.jpg

こうなった!

DSCN9919.jpg

before

DSCN9970.jpg

after

こうなると俄然やる気が出てくる。
漫然と草を刈っているだけでは途方に暮れる所だった。
よ〜し家を建てられそうな気がしてきたぞ〜

しかし10数年も耕作していない田んぼは、ススキやらイバラやらツル
がすごい事になっている。こうなってしまうと、草を刈るのも一苦労。
しかも、ススキの根が田んぼの水を溜める機能を壊してしまうので
このまま田にもどす事も出来なくなってしまう。

こんな休耕田が、日本のいたるところにある。

草を刈ってみると、田んぼの真ん中に畦が出現したり、水路が現れたり。
よく観察すると、その昔この土地がどんな風に使われていたのか、
その仕組みが分かってきておもしろい。
そこには先人の知恵がつまっているに違いない。

でも長いこと使われていなかった為に、水路は土砂で埋もれてしまって
その周りに水があふれて、土がべちゃべちゃにぬかるんでしまっている。

田を耕さないということは、この蓄積された知恵や時間を失うことに等しい。
それは僕らにとって重大な損失だと思う。

posted by ようせい at 00:38| Comment(4) | TrackBack(0) | お家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

お家のお掃除と菌打ち

DSCN6944.jpg

黒川のお家には、秋くらいに引っ越す予定なのですが
待ちきれずに、さっそくお掃除に行ってきました。
といっても、部屋がたくさん。なんと8DK!
何に使うか意味が分からないです。

まずは、玄関入ってすぐのお部屋をお掃除してきました。
ここは私の仕事部屋になる予定。
景色もよし!

DSCN6981.jpg

夜は初めて泊まってきました。
なんだかドキドキしましたが、何もデないようです…ほっ。

DSCN7079.jpg

次の日は、西尾さんの山で、椎茸の菌打ちをしてました。
今年からMy原木椎茸を育てる予定だったのですが、ドリルのトラブルで
この日は断念しました。というか、壊してしまいました。ごめんなさい。
椎茸が出来るまで2年掛かるので、今年を逃すと3年先まで待たなければ
なりません。なんとしてでも、早いうちに再挑戦しなければ。

DSCN7034.jpg

山道をかき分けて、山菜摘みもさせて頂きました。
天ぷらにビールがあればもう何もいりません。

DSCN7052.jpg
posted by ようせい at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする