2014年05月01日

いちはらアート×ミックス!その2

ということで、難問だらけの改修計画。
まぁ問題の無い案件なんてないでしょうし
かえって問題が明確なほうがつくりやすい、ということもありますね。

まずはプランを固めつつ、さらさら〜とデザインを・・・
ってことはなくて、市役所や消防署との協議の為の書類づくりとか、
教育委員会の了承を得る為に、千葉と岐阜を行ったり来たりとか
トホホな作業に追われる日々。

さすがに11月が迫って来るところには
ほぼプランが決ってきたので、市原市の工務店さんに見積りを
出してもらったのですが、これがまぁ予想どおりというか
だよね・・・っていう予算の2倍以上のお値段。

ちょっとやそっと削ったくらいでは、半分にはなりませんね・・・

でも、最低限やるべきところもあるし、これだけはやりたいという部分もあるし
いろいろ悩みどころなのですが、そういえば僕はセルフビルダー。
今回のお話をくれた藝大の先生もセルフビルダー・・・

たぶん、それも含めてボク呼ばれてるよね。。。
自分たちでやれるところはやるしかないか・・・

工事は、大まかに分けると
解体、木(内装)工事、コンクリート、サッシ、塗装、電気、設備とあったのですが
さすがに分厚いコンクリートの壁は素人では壊せません。
でも、天井を取ったりサッシを壊したり、黒板やロッカーを外したり
ほとんどのことを藝大の先生とボランティアサポーターさんで
やっていただいて、まずは解体費用を抑えることに成功。これは結構デカい。
さらに木工事、塗装、電気、設備は工務店さんから切り離させてもらって、
とりあえず見切り発車で工務店との契約が決まったのが年末。

あと3ヶ月ちょっとで会期がはじまる。。。。
そういえば、ストローベイルも積むんだった(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ま、なんとかなる・・・か。

木工事については、やっぱりストローベイルを分かってる人がいい!
ということで、ウチの棟梁である和輝くんに無理言ってお願いして、
塗装も、今年から黒川に越してきてくれるジョーくんにお願いして
建築板金も黒川のキミヤスくんにお願いして
木製建具も黒川のケイタくんにお願いして・・・
お〜、黒川ビルダーズが実現してる!!!

さらに解体を手伝ってくれたサポーターさんのつながりで
設備屋さんが決まって、そのまたつながりで電気屋さんが決まって。
いいメンツが揃ってきました。

で、年が明けて早々の1月3日に和輝クンと黒川を出て
さっそく4日から木工事開始です!

IMG_1600.jpg

まずは3階の染色工房、そして2階の教室を展示室(ホワイトキューブ)に作り変えます。

IMG_1483.jpg
解体は1月20日からやっと始まりました。

IMG_1488.jpg
大きなコンプレッサーで、あっという間です。

IMG_1487.jpg
校長室は間仕切り壁も取り去りました。
ここは玄関ホールになって、土壁が内から外へとつながります。

IMG_1598.jpg
床は早速モルタルを増打ちしました。

IMG_1596.jpg
エントランス部分は、スロープや階段など
やや複雑な形なので、何度かに分けてコンクリートを打設していきます。

IMG_1595.jpg
もうそのころには、2階・3階は木工事がすんでいて、
1階のストローベイル下地に取りかかっています。さすが仕事が早い!

IMG_1594.jpg
下地が出来たら積む!
まだまだ外部とかにストローベイルを積むとこがいっぱいあって
先は長いのですが、とりあえず藁をさわって自分を落ち着かせてます(笑)。

IMG_1517.jpg
竹の下地も美しい。

IMG_1590.jpg
積んだら塗る!
これはボーイスカウトさんたちが来てくれました。
でも、これはすでに会期の10日前くらいです・・・

ここからは突貫で・・・

IMG_1536.jpg
作業は深夜まで及び・・・

プレス発表の3月20日の朝方にようやく(とりあえず)完成!

IMG_1588.jpg
おぉ〜
校長室のあったところです。

DSC02284.jpg
DSC02295.jpg
外部はこのようなかんじで土壁がおおきく突出ています。
新たに打設したコンクリート部分は
ステージのようなテラスのようなところで
室内床より1段高くなって、内から外へつながっています。

10013458_471545922975771_8719370048943832139_o.jpg
                             photo by 岩間賢
cafe内部は、竹小舞の土壁・藁むき出しのストローベイル壁・コンクリート壁など
いろいろな材料が絡んでますが、なかなかcoolにおさまりました。
ちなみに、もと職員室です。

DSC02249.jpg
ここは2階ギャラリーの一室。
北京の作家、シャオミンの作品です。

10333738_770481986302889_4353124745139826515_o.jpg
                          photo by Naoko Tanaka
こちらはドイツ在住の田中奈緒子さんの作品。

DSC02258.jpg
廊下も塗装してもらってきれいになりました。

DSC02229.jpg
そう、ここは「月出工舎」という名前で生まれかわりました。
http://www.tsukide.jp

「いちはらアート×ミックス」にいらっしゃった際には
ぜひ月出工舎を目指してください。駐車場もあります。
もちろん周遊バスも走っていますよ。

1973275_653572844692231_644922796890931671_o.jpg
                            photo by JR東日本
737286_471542999642730_2279586882381312427_o.jpg
                             photo by 岩間賢
1801204_471546512975712_8482232409913010937_o.jpg
                             photo by 岩間賢
ここには、この校舎の中にも外にもいろいろ作品があります。
じっくり鑑賞してもらいたいところばかりです。

会場はここ以外にも、小湊鐵道というローカルな路線沿いにたくさんあって
多くの作家さんが作品を展示したり、発信したり、イベントを行ったりしています。

詳しくはWebで!
会期は5月11日まで!急げ!

http://ichihara-artmix.jp
https://www.facebook.com/artmix2014
posted by ようせい at 03:07| Comment(2) | TrackBack(0) | いちはらアート×ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

いちはらアート×ミックス!

いちはらアート×ミックスは3月21日から無事会期を迎え
岐阜に戻ってきて田んぼの準備や家づくりの続きをやっている今日この頃。

今年の1月3日から市原入りして芸術祭の準備をしてきたのですが
いやはや、なかなかハードな3ヶ月弱でした。

もとはと言えば、昨年6月に藝大生が来てくれた時に今回のお話を頂いて
その後7月に現地に行きました。

IMG_1379.jpg
千葉県市原市の旧月出小学校。

廃校になって7年の学校で、子どもの声が聞こえなくなった学校は
やはりさみしいものです。

IMG_1373.jpg
教室にはモノがたくさん。

IMG_1377.jpg
職員室

IMG_1374.jpg
廊下

IMG_1369.jpg
音楽室兼図書室

IMG_1364.jpg

お話としては、この廃校になった小学校を改修して
アーティストが滞在して制作する工房にするという計画。
しかも1階部分は、会期中は食を提供するCafeになるということで
ここが内容的にも金額的にも一番ボリュームがありそう。

しかし予算はかなりキビシい!
廃校になって7年経ってるので、インフラも怪しい!

どうなる改修!!!

とういうことで、つづく…とさせて下さい。
posted by ようせい at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | いちはらアート×ミックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。