2006年11月06日

収穫祭

DSCN5956.jpg

11月3日は、白川町ではさ掛けトラストの収穫祭を行いました。
佐見地区の生産者、中島さんは石焼き芋セットを持っての登場です。

DSCN5957.jpg

あっ、ご飯を炊く前に、石焼き芋が出来上がりました!
おいし〜い!
でも、ここで食べ過ぎてはいけません。今日のメインはおにぎりですから。

DSCN5958.jpg

お釜。おいしく炊けるでしょうか。緊張します。

DSCN5969.jpg

みなさんも心配のご様子。

DSCN5972.jpg

じゃ〜ん。
大丈夫?大丈夫です!割とうまくできました。
おこげも少し出来て、ちょうど良い位ではないですか。

DSCN5977.JPG

みなさん持ち寄りの一品も並んで、さぁみんなで
「いただきま〜す」

今回食べたのは、西尾さんのお米。
おにぎりはつやつやピカピカで、もちもちした食感!
太陽をいっぱい浴びたはさ掛け米は、完熟という感じがしました。
やっぱり、うまい!

DSCN5987.jpg

午後からは、地元のおばーちゃんを講師に招いて、藁草履編みをしました。
まずは、藁縄をなうところからですが、これが早速難しい。

DSCN5986.jpg

通りすがりのおじいちゃんも、口を出さずにはいられません。

DSCN5998.jpg

おばーちゃん先生は、いつも小学生に教えているだけあって
とても分かりやすく教えて下さいました。

DSCN6003.jpg

縄が出来たら、足の指に引っ掛けて編み込みスタートです。
手前がつま先側になります。

時折「先生!」と助けを呼びながらの藁草履編みは、すっかり没頭してしまって
気づいたら夕方になってしまいました。

DSCN6014.jpg

なんだか反省点の多い収穫祭でしたが、これからもより良いかたちで
毎年続けていきたいと思います。

西尾さん、中島さん、おばーちゃん、そしてご参加頂いたみなさん。
ありがとうございました。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ストローベイルハウスにご興味がある方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0



posted by ようせい at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

お米の輪!

DSCN5925.jpg

西尾さん宅で、はさ掛けトラスト会員に送る、お米の仕分け作業をしてきました。

3人の農家さんから集まったお米は約600kg。
それを10kg袋や5kg袋に分けていきます。

大きな袋に詰まった玄米は、三人三様の姿をしていました。
驚きました。作る人が違えば、違う物が出来る。あたりまえの事なんですけど
お米の向こうのお百姓さんの事を、今まではあまり考えてなかった。
きっとそれぞれ味も違うんでしょうね。

4月末からバタバタと始めた「はさ掛けトラスト」も
とうとう、お米を送れるところまで来ました。
草取りや稲刈り、脱穀・はさ掛けと、ほとんど私たちの自己満足のような
お手伝いしか出来ませんでしたが、それでもお米づくりの楽しさや難しさ
に触れる事が出来ました。
1年に1度のお米づくり。来年はこんな風にしようと思っても、10年で
10回、20年で20回です。(この時間の流れがグっとくるんだよなぁ)

そして、今年はその1年目のお米づくりでした。
11月3日の収穫祭では、おにぎりをほおばる、みなさんの顔が楽しみです。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ストローベイルハウスにご興味がある方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

収穫祭のおしらせ

今年のお米づくりも脱穀・籾摺を終えて、はさ掛け会員の皆さまに
「新米」をお届けする季節がやってまいりました。

生産者の西尾さん情報によると、

「見た目は悪いが、味は1等。近年味わっていない食感!」

だそうです。
お米を作っている方が、近年味わっていないとは、どんな
味なんでしょうね〜。早く食べたいですね〜

という訳で、みなさんと共に、炊きたて新米をたべる収穫祭 を催します!

日時は11月3日(祝)文化の日

みなさん思い思いのやり方で新米を炊いて、おにぎりにして 食べよう!
と思っています。

もちろんご飯だけでも充分、十二分においしいとは思いますが、もっと
おいしく頂く為の、とびきりの、とっておきの一品も持ち寄ってください。
明太子?塩辛?ごま塩?漬け物?梅干?サンマ一匹!などなど。
あ〜お腹が空いてきましたね・・・

午後からは、達人を呼んでの藁草履編み会を予定しています。
この機会にお気に入りの一足を作ってください。

日 時 : 11月3日(祝) 午前10時現地集合

場 所 : 岐阜県加茂郡白川町黒川

準 備 : ご飯のおとも・必要であれば調理器具等
    (事務局からは圧力鍋を持っていきます。)
    マイ箸・マイコップ・マイ皿等々

内 容 : 新米の試食・藁草履編み体験など

参加費: 会員¥500/1人、¥1000/1家族
     非会員¥1000/1人、¥2000/1家族



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ストローベイルハウスにご興味がある方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0


posted by ようせい at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

稲刈り・はさ掛け

DSCN5349.jpg

9月2日・3日は、岐阜県白川町へ行って稲刈りをしてきました。
ここは、西尾さんの田んぼ。はさ掛けトラストでの最初の稲刈りです。

DSCN5349.jpg

愛知県や岐阜県、そして三重県から14名の方に参加して頂きました。

DSCN5372.jpg

バインダーという、手で押す小さな稲刈り機を使用する予定でしたが、
草が絡まったり、結束するひもが切れたりするトラブルがあり
鎌を片手に、手刈りで作業を進めます。
やはり最近は使われなくなった機械なので、まだ調子が出ないようです。

DSCN5378.jpg

たくさんのトンボに応援されて、ザク、ザクと刈っていきます。

DSCN5385.jpg

お昼は、西尾さんの奥様お手製「豆おこわ」を頂きました。
キュウリのキューちゃん漬けにはまってしまって、おこわも3杯頂きました。

夜は、明治に建てられ近年改装された歌舞伎小屋「東座」に移動して
バーベキュー&鉄板焼き。
肉厚の椎茸や手作りピザ、特上のホルモンに焼きそば。そしてダッジオーブンで
蒸かした坊ちゃんカボチャなどなど、どれも絶品でした。

DSCN5414.jpg

次の日は9時から作業開始です。

3本の棒をバランスよく結んで、上に丸太を渡します。
バインダーも調子を取り戻し、午前中にはすっかりはさ掛けが終わりました。

この地区でも、はさ掛けはもう見られなくなってしまった風景だそうです。
お孫さんを連れて見学に来るおばあちゃんや、ついつい口を出したくなる
おじいちゃんなど交えながら、楽しく作業ができました。

はさ掛けトラストで初めての稲刈り、そして「はさ掛け」が無事終わりました。

DSCN5433.jpg




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ストローベイルハウスにご興味がある方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0


posted by ようせい at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

稲刈りのお知らせです!

稲刈り&はさ掛け

とうとう稲刈りのお知らせをする時がやってきました。
草取りに参加された方も、初めての方も、1年に一度の実りの秋です!
ふるってご参加ください。トラスト会員でない方も大歓迎です。
日帰り・宿泊どちらでもOKです。(宿泊費別途 1人¥1,000〜¥2000の予定)

・日 時 : 2006年9月2日(土)・3日(日) と 9月9日(土)・10日(日)
・場 所 : 岐阜県加茂郡白川町黒川地区・佐見地区
・時 間 : 参加者数によって調整します。
・準 備 : 汚れてもいい服装、軍手、長靴、帽子、タオル、着替え、
       自慢の一品、あればMY鎌、お泊まりセット...
・内 容 : 稲刈り・はさ掛け

参加希望の方は、こちらからご連絡ください。
詳しい内容をご連絡いたします。

※人数によって宿泊先が変わりますので、お早めにご連絡頂けると助かります。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

最後の草取り

8月12日・13日は、白川町に、今年度最後の草取りに行ってきました。

DSCN5086.jpg

まず12日はトマトの生産者の佐伯さんの「輪話和(ワワワ)山荘」へ。
笑っちゃうほど細い林道を走って、ようやくたどり着きました。
佐伯さん一家と囲炉裏を囲んで、採れたて野菜や魚を焼いて夕食です。
佐伯さんは、むぎめしトマトといって、麦飯石でおいしくした水で
トマトを育てています。
トマトはほとんどが水分なので、やっぱり水が重要ですね。

DSCN5114.jpg

次の日は、ちょっと早起きをして、ミニトマト摘みをさせて頂きました。
摘みたてなんて初めて食べました。ほんとに甘いんです。

DSCN5126.jpg

トマトハウスから出ると、この景色。
土手の草をヤギが食んでいました。

DSCN5134.jpg

一山超えて、黒川地区へ移動。
ひと月半ぶりの稲はもう穂を付けています。

DSCN5140.jpg

今回は、愛知県、三重県、兵庫県、そして千葉から総勢10名の方が集まりました。
それぞれ鎌を持ってノビエ退治です。
ノビエも稲と同様、立派な穂を付けていました。
これが飛び散ると、また来年も草取りに追われる日々・・・全部取りたいですね。

DSCN5173*.jpg

田んぼでいい汗かいた後は、山で切り出した竹を割って、山から引いた水で
流しそうめんをして頂きました。

DSCN5192.jpg

見晴らしのいいところにある炭焼き小屋で、トマトやキュウリ、ゴーヤの炒め物、
煮豆などをつまみながら、ビールで乾杯。とても贅沢な昼食でした。

DSCN5228.jpg


一休みして、佐見地区の田んぼも見に行きました。
昔ながらの田んぼとは。除草剤も農薬も使わないこだわりの米作り。
胸に響くお話に毎回感動しています。

DSCN5224.jpg

何よりも説得力のある美しい田んぼ。
稲の生命力の違いが一目瞭然です。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0


posted by ようせい at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

ホタル舞う田んぼ

7月1日・2日は、一泊で白川町のトラスト田んぼを訪れました。

DSCN4535.jpg

途中道の駅で地元の新鮮野菜を買い込んで、まずは下佐見の田んぼへ。

この田んぼは、十分に育った苗を6月の上旬に手植えしいて
除草には発酵させた米ぬかを使っています。
十分に育った苗とは、人間で言うと高校生くらい。
ここまで育っていれば、植えてすぐ根っこをブワァッと伸ばし
雑草にも負けません。
そして、植える株も少なくて良いので、それだけ実りの多い株に成長します。
今は、どういう訳か5月の上旬に小さい苗を機械で植えるところがほとんどで
すが、小さい苗では、草の生長スピードに負けてしまうので、除草剤に頼るか
もしくは多くの手間を掛けて草取りするほかありません。
5月田植え、このことが悪循環の始まりのように感じてなりません。

DSCN4546.jpg

宿泊は近くの保養施設をお借りしました。
40畳の広間が二つと和室が二部屋で1人2000円です。安い!
みんなで料理をしておいしい夕飯を食べました。

DSCN4559.jpg

生産者の方とも合流して、いよいよホタル狩りに。
まずは佐見川のホタルスポットにいきました。
もうシーズンは超えたとのお話でしたが、
それでもたくさんの源氏ホタルが飛び交っていました。

そして次は、夜のトラスト田んぼへ。
いますいます。今度はたくさんの平家ボタルです。
しかしすぐ隣の除草剤を使った田んぼを覗くとホタルはいませんでした。
ホタルの季節は、そこがどういう田んぼか一目瞭然です。

DSCN4581.jpg

次の日は、黒川地区に場所を移して草取りです。
稲も大きくなりましたが、ノビエも大きくなっています。
そのおかげで、稲との区別はつきやすくなりましたが、取り始めると
袋がすぐいっぱいになってしまいました。

DSCN4612.jpg

水草が水面を覆っています。
これによって水面下に光が届かず、雑草は育ちにくくなります。
除草剤を入れてしまえば、雑草はもちろん、この水草も生えなくなって
しまいます。
無農薬の田んぼには、夏にクモが飛んできて、ネットのような巣を田んぼの
上に張り、害虫の発生を抑えてくれるそうですが、これも農薬を使えば
何もかもいなくなります。
思いきって自然に任せてしまえば、案外とうまく行くのかも知れません。

DSCN4619.jpg

西尾さん指導のもと、名古屋から大島さん、田岡さん母子、
ホームステイのクリス、愛知県長久手町から与語さん、
と私たち家族の9人で作業しました。
止んでいた雨がまた強く降り始めたところで作業は終了。
もっともっとノビエを退治したかったですね。

DSCN4623.jpg




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

田んぼの草取り

DSCN4462.jpg

6月11日は、トラスト田んぼの草取りをして来ました。

3週間ぶりの田んぼは、稲の株がしっかりと育っていて
田んぼの色も青々としていました。

DSCN4461.jpg

株と株の間に生えているのがノビエです。
食べられないヒエで、これを放っておくと
お米の収量が減ってしまいます。
トラスト田んぼでは、お米が採れた分だけより多く分配されるので
減収は避けたい!という訳で、がんばって草取りして来ました。

DSCN4458.jpg

前日、木曽に寄り道して、檜の笠も入手。格好は一人前?です。
この笠はとても軽くて、晴れている時は乾燥して目が開き、
雨の時は湿気で目が詰まって水を通さないという優れものです。

しかしこの体勢は、さすがに腰にきました。

DSCN4431.jpg

愛知県から参加したみなさん。
お昼を食べた後は、近くの炭焼き小屋にもお邪魔しました。

次回は7月上旬に作業予定です。
夜にはホタルがたくさん飛び交うそうです。

DSCN4427.jpg





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 00:41| Comment(1) | TrackBack(1) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

トラスト田んぼを訪ねてきました。

DSCN3879.jpg

21日に岐阜県白川町のトラスト田んぼを訪ねました。
トラスト生産者の西尾さんの田んぼで、ここは2反ほどの広さです。

稲に混ざって、ヒエが出てきたので、早速田んぼに入らせて頂いて
除草作業をしてきました。
写真は田車を押しているところです。

DSCN3871.jpg
               田車の写真

泥に足を取られるので、なかなか進めません・・・
ぐるぐると回る刃が、ヒエの根を浮かせます。

DSCN3907.jpg

田んぼをよく見ると、色々な生き物がいました。
おたまじゃくし・カエル・ゲンゴロウ・アメンボ・・・おおきなヘビもいました!

除草剤も農薬も使わないという事は、稲だけでなく、他の生き物も
許容する事なのだなぁと思いました。
そして、かろうじて残ったお米を人間は頂く。
それで良いような気がしてきました。

DSCN3927.jpg

田んぼの後は、西尾さんの山も見せて頂きました。
東濃桧と杉の森です。
しっかりと森の中まで日の射し込む、手間の行き届いた森でした。
様々な広葉樹も一緒に育っていました。

DSCN3929.jpg

山を後にして、今度は地域のお仲間を紹介して頂きました。
アイガモ農法や自然農など、いろんな事にチャレンジさせている
方々でした。
みなさん個性的で、今度はゆっくりとお話が伺いたいものです。

DSCN3903.jpg
            ふらふらと田車を押す・・・




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0

posted by ようせい at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

ホームページ作りました。

はさ掛けトラストのホームページが出来上がりました。
生産者の方のご紹介や、田んぼの写真なんかも入れて行く予定です。

はさ掛けトラスト
http://ku-sumu.seesaa.net/

今週末に、トラスト田んぼを訪ねてきます。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

はさ掛けトラストのご案内!

はさ掛けトラストのご案内


ストローベイルハウスとお米づくりは切り離せないもの。
ストローベイルハウスにご興味のある方、まずお米づくりから始めてみませんか?

岐阜県白川町にて、無農薬・有機栽培によるお米づくりをしています。

「はさ掛け」とは、昔ながらの稲の乾燥方法のひとつで、横に渡した竿に稲を掛けて天日乾燥させるもの。こうする事で、お米はよりおいしく、藁はストローベイルに適した乾燥状態になります。
トラストとは「信託」という意味。会員が出資して、農業や農地を守る運動です。

現状のお米づくりでは、収穫時にコンバインという大型機械で藁を細かく裁断してしまうため「さてストローベイルを作る為の藁を探そう」と思っても、長い藁を入手するのは意外に困難です。また、外国産米に対する競争力の強化や、農業従事者の減少によって効率化がどんどん進み、ますます除草剤や農薬に頼らなければならない悪循環が続いています。
こんなにエコロジカルな家づくりなのだから、せっかくなら無農薬の藁を探したい。そう思うと、ますますお米づくりへの関心が増してきました。

遊休農地の荒廃や自給率の低下も農業の抱える深刻な問題です。

たくさんの人がストローベイルハウスに興味をもって、「安全な藁を、安全なお米を」と望めば、きっと農業は、そして世界は変わるはず。

無農薬や有機栽培がいいという事は分かっていても、人手が足りなかったり、売り先が確保出来なかったりと、お百姓さんもなかなか変わる事が出来ません。
私たちがサポートする事で、安心しておいしいお米づくりをして頂きたい。

そんな思いから「はさ掛けトラスト」を始めることになりました。

生産者は、白川町の西尾勝治さん。
農業だけでなく林業もこなす、頼もしい農家さんです。

実は白川町は東濃檜(ヒノキ)の産地で有名なところ。会員の方には、山仕事も体験して頂くことを計画しています。林業もまた、放置された山による地滑り被害や、山の保水力の低下など深刻な問題を抱えています。
山を再生させるために、「国産材で家を建てよう!」そんな運動ともつながっていきます。

会員は、田んぼ30坪を一口として、年会費30,000円を出資します。
収穫された有機栽培米は、不作豊作に関わらず会員で均等分配します。
お米の収量は、一口につきおよそ36kg〜42kgの予定です。

そして、ここで出来たストローベイルは、実際に建築計画があり、一定の作業に参加して頂いた方に無償で提供します!(希望者多数の場合は抽選で)

日常の管理は農家さんに委託しますが、「田植え」「草取り」「稲刈り」「はさ掛け」「ストローベイルづくり」などの作業は、年に数回、会員参加イベントとして行います。もちろん出資だけの参加でも大丈夫ですが、出来るだけ作業に参加出来るようにしてください。特に「稲刈り〜はさ掛け〜ストローベイル」は人手が必要なので、はりきってご参加ください。

農林作業やストローベイルの家づくりに参加する事で、会員の方同士の交流や、「労働」の交換が生まれて、さらに様々な場所へとつながっていけば、と思っています。お米づくりから家づくりまでの大きな流れ・循環をつくることが目標です。また、ここで知り合った農家さんの、里山での暮らしのお話も楽しみです。

まずは、イベントの情報や生産者からのメッセージなどをお伝えするMLへご参加ください。「はさ掛けトラスト」ご入会希望の方には、パンフレットと振替用紙をお送りします。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「はさ掛けトラスト」MLへの参加はこちらから

     お問い合わせはこちらから
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※レンタルフォームを使用していますので、広告表示はご容赦下さい。

0
0
0
posted by ようせい at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。