2007年02月21日

手前味噌づくり

白川町で味噌づくりをしてきました。

DSCN6430.jpg

これは、大豆とお米の麹。塩もたっぷり。
気温が高いと、醗酵が進んでしまうので、暖冬だと気を使います。

DSCN6437.jpg

大釜を二つ使って大豆を豪快に茹でます。

DSCN6435.jpg

茹であがった大豆。ツヤホマレという地元の大豆と黒豆を使っています。
茹で加減は、薬指と親指で潰れるくらいだそうです…
固すぎず、柔らかすぎず、でしょうか。

DSCN6432.jpg

杵と臼でつぶしたら…

DSCN6465.jpg

広げて粗熱をとります。

DSCN6441.jpg

冷めたら麹と混ぜて…なんとこれで出来上がり!
あとは9ヶ月待つのみです。

この日は、この工程を5〜6回繰返しました。

作業は意外に簡単!でした。
でも、使う道具や大豆や麹の準備など、手配するのが大変そうです。
お世話になった西尾さん、鈴村さん、中山さん、ありがとうございました。

DSCN6439.jpg

保管する瓶は、重しの圧が均等に掛かる、こんな形がいいそうです。
欲しい…

DSCN6447.jpg

お昼は、おにぎりとおいしい漬物、そして豚汁を頂きました。

DSCN6464.jpg

記念撮影。朝は雨が降っていましたが、すっかり晴れました。
皆さん、お疲れさまでした。
出来上がったら、みんなで持ち寄って試食したいですね。


posted by ようせい at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | はさ掛けトラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。