2006年12月09日

貫構法の家

ストローベイル・プロジェクトで知り合った方が、お家を建てるということで
長野県高森町に行ってきました。

DSCN6160.jpg

二階(ロフト部分)へお邪魔しま〜す。

DSCN6169.jpg

屋根下に、断熱材代わりに載せたという土がちょっと顔を出しています。

DSCN6168.jpg

覗いてみると、確かに土が…
その上には通気層もあって、夏でも涼しそうですね。

DSCN6163.jpg

立派な松の梁!
大工さんの個人的な趣味でこれになったそうです。
うらやましい。

DSCN6173.jpg

深い軒を支える束石に載った柱。
足みたいでかわいい。

DSCN6174.jpg

いろいろ悩んだ結果、ストローベイルハウスではなくて
貫構法に竹小舞の壁にしたのだそうですが、材料には国産材が
たくさん使われていて、土を使った断熱などローテクな工夫もたくさん。
とても気持ちのいい家になりそうです。

冬の間は、小舞を編んでいるそうなので、またお手伝いに来ようと思います。

DSCN6180.jpg



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ストローベイルハウスにご興味がある方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0



posted by ようせい at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お宅訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。