2006年06月02日

中塗り

DSCN3984.jpg

5月27日・28日は中塗り作業をしてきました。
前回塗った土は完全に乾いて、いい色になっています。

DSCN4015.jpg

今にも雨が降り出しそうな天気。
まずは、てるてる坊主を作るところから始めました。
今回は東海・近畿地方を中心に、遠くは千葉や栃木から20数名の方が参加していました。
もう、ほとんどの方は知った顔です。

1日目は、土作り班と竹串作り班と下地作り班とに分かれて作業を進めます。

DSCN4024.jpg

土はまずよく混ぜて、発酵が均一になるようにします。

DSCN4038.jpg

DSCN4043.jpg

「押切り」という道具で藁を裁断して、さらに刈込みはさみで細かくしていきます。

DSCN4076.jpg

竹串は、とにかく数が必要なので、ひたすら作り続けます。

DSCN4092.jpg

今回は左官の小林さんに指導して頂きました。

DSCN4140.jpg

一日目は、次の日に土を塗る為の準備をして、予定通り終了です。

その後は、お疲れさま会をしました。
皆さんが持ち寄った自慢の一品や有機野菜が並びました。乾杯!
小林さんの「家づくりは教育の場だ」というお話が印象に残りました。

DSCN4162.jpg


二日目はどんどん土を塗っていきます。
土塗りに並行して、土作り・竹串作りも進めます。

DSCN4178.jpg

お昼は、焼きおにぎりとそら豆と信州味噌のお味噌汁でした。

午後も、引き続き作業を進めます。
朝は雨だったのに、なぜかカンカン照りの暑い日になりました。

実は前の日に、「新月の日に願い事をすると叶う」というの内容に従って
大島さんの強烈な「雨男」を祓いに、近くの神社をお参りしたのですが
それが効いた?のかも知れません。

DSCN4197*.jpg

壁の周りに藁縄を巻いて、竹串を打ち込んで、欠き込みに引っ掛けて固定します。
これで土の喰い付きが良くなるそうです。
その上から、さらに土を塗り重ねます。

皆さん、いろいろな作業を体験しながら、予定の工程を終えました。

今回は家族で参加している方も多くて、
現場にいろんな世代の人がいる事はいい風景だなぁと感じました。

そして、今後もお互いに労働力で助け合えるような、
そんな関係が徐々に築かれていることに、わくわくしました。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0


posted by ようせい at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ストローベイル・プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。