2010年03月04日

冬眠から覚めて

3月に入って、黒川もずいぶん春らしくなってきました。
今年の冬は寒かったなぁ。

CA3A0163.jpg

1月2月は雪の日が多くて、なかなか外作業も進みませんでしたが、友達からユンボを借りて、ススキの根っこと表層の土をまとめてすくい上げて山積みしたり、埋まってしまっていた溝を復活させたりしました。
とにかく広くて気が遠くなりますが、少しずつやっていくしかないですからね…

CA3A0170.jpg

1月には、久しぶりに名古屋市にある「藁文の家」も訪ねてみました。
(建設の様子はこちらで見れます)
雨風で土壁が洗われて、ずいぶん風格がでてきました。
改めてこのストローベイルハウスは、こじんまりとしていていいなぁと実感。

2月に入ってからは、はさ掛けトラストの味噌づくりがあり、
次の週末は、京都から添田さん(1997年愛農高校卒業。2004年に舞鶴市西方寺で就農。添田さんは現在、舞鶴・加佐地域の新規就農者や若い農業青年たち約15人のメンバーで「若い衆でやろう会」を組織している。地域活性化の中心メンバーとして活躍中。)を招いた講演会があったり、さらに次の週は宇都宮市で行われた民間稲作研究所の公開シンポジウムに参加して、昨年6月に完成した有機農業技術支援センターを視察に行ったりと、なかなか忙しい日々でした。

CA3A0180.jpg
味噌づくり。
CA3A0182.jpg
CA3A0183.jpg
これからのヒントがいっぱい詰まった講演会でした。
CA3A0184.jpg
立派な研修施設です。

今年の1月に、八ヶ岳での研修を終えて黒川に引っ越してきた伊藤くんのビニールハウスづくりもお手伝いしました。

CA3A0189.jpg

同世代の心強い仲間が増えて、ますます黒川が面白くなりそうです。

CA3A0191.jpg

早速ハウスの中で種を蒔いたみたいですね。
プロの技を盗まなきゃ。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ごあんない□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いつかはストローベイルハウス!とお考えの方、まずお米づくりから始めませんか?
詳しくはこちらから・・・
0
0
0
posted by ようせい at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。