2006年02月22日

断熱性能はどうなんだろう?

ストローベイルハウスは、断熱性能が高いとよくいわれていますが、
計算上ではどうなのか考えてみました。

断熱性能を計算するには、いろいろな条件が関わってくるので
ここでは単純に壁全体の熱抵抗の値で比べてみます。

しかし計算するのに必要なストローベイルの熱伝導率が本には
載っていません・・・(当たりまえか!)
しょうがないので、畳の数値を使います。
畳も中身は藁ですものね、昔は。最近のものは違いますけど。
まぁ大雑把なものとして捉えて下さい。

例えはストローベイルを挟んで、内側と外側を5cmの土で塗り固めた場合の熱抵抗は

0.05/0.6 + 0.4/0.1 + 0.05/0.6 = 4.17

5cmのグラスウールを断熱材に使って、外装材は合板の上にセメントモルタル、
内装材を石こうボードにクロスとした場合は

0.02/1.5 + 0.01/0.16 + 0.05/0.04 + 0.012/0.22 = 1.38

という事は、数字の上では約3倍!の断熱性能がある事になります。
グラスウールを7.5cmにした場合で約2倍です。
さすがストローベイル!分厚いだけの事はありますね〜

ま、これはあくまでも計算上の話。
ストローベイルハウスには、こんな計算では計りきれない部分も
多くありそうですしね。

今後もいろいろ検討していこうと思います。



posted by ようせい at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ストローベイルハウスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ストローベイルはグラスウールに比べると
作業する人にとってもインパクトが少ないというのが
いいですよね。
DIYがもっと広がれば、今は割高なこれらの良い建材が手に入りやすくなり、安全な建物もだんだん増えていくんでしょうね。
 
 最近、知り合いのライターさんが、毎日顔を洗ったり、
歯磨きをする水もきれいなものにしたいと思い、シャワー用の浄水機を物色してるそうです。
たしかに、お風呂の水も塩素たっぷりなはずで、自分の子供には(いないんだけど、)浴びてほしくないですー。と本気で考えてました。
今は、乾燥してるので毎日あの水が身体にしみ込んで行ってると考えると、やっぱりいい感じはしません。

お前がそんなデリケートな体かよ!って突っ込みは勘弁で。
Posted by ゴトウ at 2006年02月28日 19:12
シャワー用の浄水器ですか!あるんですねそういうの。
気にし始めると、いろいろ気になりますよね。やっぱり直接肌に触れるものとか口に入るものは特に気になりますね。
食品の添加物なんか、じっくり見るようになっちゃいましたからね。
以前はコンビニ弁当も平気で食べてましたけど。まぁ、あまり神経質になると疲れてしまうので、徐々にですが・・・

自然素材系の断熱材なんかは随分と安くなっているようですよ。
ストローベイルに限らず、いろんな選択肢が増えてくるのはいい事ですね。
Posted by ようせい at 2006年03月01日 00:30
添加物とか、普段口にしているもの、肌に直接触れるもの・・・私も最近とても怖さを感じます。
人間の体がこの数十年間の間に、いろんな化学物質で犯されてきて、花粉症とかアトピーとか色んな病気に表れてますもんね。
人間が犯される・・というか、人間が人間を壊してますからね。
でもそれ以上に地球を壊してるから、そのしっぺ返しが今ちゃ〜んと人間にきてるんだろうな〜・・。
そんなことを感じるようになった今日この頃・・。たくさんの人が、土や草や水や風を肌と心で感じて地球に恩返ししながら生活できれば良いな〜と思います。
だから「藁の家」もそんな生活に近づく一つの方法として、一度試してみたいな〜と思っています。
ということで、今後もこちらのHP情報を楽しみにしております。

Posted by ぽから at 2006年03月02日 23:07
ぽからさん。ありがとうございます。
人間は自然のサイクルから外れすぎましたかね。
藁の家に住んで軌道修正しなければ!
これからもよろしくお願いします。
Posted by ようせい at 2006年03月03日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。