2006年01月28日

山里定住あすけ塾に参加しました。

DSCN2398.JPG

今日は豊田市足助町で間伐体験をしてきました。

職員の方の説明を少し伺って実際に市有林のなかへ。
直径20cmくらいの檜を切りましたが、これがかなりしんどい。
一本切るのに随分時間がかかってしまいました。

山を守る為に間伐作業が必要だ!と、言葉では言っていましたが
実際の作業はかなりハードでした。
国産材の需要が増えれば状況は変わるかも知れませんが
これをやり続けるのは、山に対する熱い情熱と体力が必要ですね。

間伐作業の後は、山を散策して木の名前を教えて頂いたり
森林課の北岡さんに、里山の楽しみ方のお話を伺いました。
話を聞くだけでワクワクしてしまいました。

豊田市では来年度、森林保全を進めるリーダーやボランティアを
育成するという「森林学校」を開校するようです。
林業のセミプロを育てるというすばらしい試みだと思います。







posted by ようせい at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山仕事体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。