2006年01月20日

藁の家づくりネットワーク

ストローベイルハウスが住む人にも環境にもやさしいのは、
すでにご存知の方も多いと思いますが、
それに加えてこの家づくりには、
大人から子供まで参加出来ることも意義が大きいと感じています。

集落には古くから、皆で協力して家をつくり上げる制度がありました。
大工や左官の技術を持った者を中心に、
それぞれの出来ることで助け合いながら家づくりをする。

藁を積んで土を塗る人。炊き出しをする人。その周りで泥遊びをする子供たち。
そんな自然な役割分担が、家族や地域社会の絆を深めていく。

「藁の家づくりネットワーク」
ストローベイルハウスによって、そんなつながりが生まれていくといいですね。


posted by ようせい at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ストローベイルハウスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。