2012年03月18日

さぁラストスパート

さてさて。
blogも間をあけると何から書いていいかわからなくなりますが、

まずは、丸太の倉庫。

2012031711.jpg

あつしくんが骨組みを造ってくれたと思ったら
さっそく本業の屋根をかけてくれました。

ユニックで材料を上まで揚げて、あとは二人で移動させます。
板金の材料は、変な力がかかるとすぐに変形するので
なかなか気をつかいます。重ねると地味に重いし。

2012031710.jpg

できました〜
念願の車庫兼倉庫!

2012031702.jpg

トラクターとベイラーが収まってます。
いままでブルーシート掛けだったので
濡れたりして気になっていたのですが
屋根下ってうれしい。

丸太の部分はプレゼントするけど、屋根の部分は
しっかり(代金を)もらうよ〜
というあつしくんの言葉に
おっと目にゴミが入ってしまいそうになりましたが。
そこはぐっとこらえまして。
いつもありがとう。と。

で、先日げんぞーさんが来てくれたので
一緒に倉庫の二階の床を貼りました。

2012031708.jpg

45×45mmの根太を並べて、その上にコンパネ貼りです。
家では合板は1枚も使ってないのですが
ちょうどもらったものがあったので
ありがたく使いました。やっぱりコンパネは仕事がはやい・・・

2012031704.jpg

びしっと角の90度が出ているわけではないので
形を合わせるのに苦労しましたが
なかなかきれいに貼れました。

約10坪の空間。
さっそく家の中で行き場のなかった材料やら
外でブルーシートが掛かっていた床板を移動させたら、
もう一杯に・・・。
早く使って場所を空けなくては。


で、お家のほうは、まず

2012031712.jpg

電気の配線をしてもらいました。
スイッチの位置やコンセントの位置を決めたら
そこにこの黒いボックスをつけていって
あとはプロにお任せで、ほぼ1日で配線は終了。

2012031703.jpg

まだ途中ですが、薪ストーブの炉台をつくってます。
見よう見まねでブロックを積んで
その中に石を入れて、さらに砕石を入れて
あとはモルタルで仕上げるつもりです。
家の中が寒いので、早く炉台を造ってストーブを入れようかと
思ったのですが、もう暖かくなってきましたので、ちょっと後回しです。

2012031705.jpg

風呂は配管をやってもらいまして
タイルを貼る部分は野地板を貼って
あまっていたルーフィング(防水紙)を貼って
さらにラス網を貼って
そこにモルタルを塗っていきます。

多分明日には洗面と風呂の境に
ブロックを積んでもらえるので、
そしたらあとは風呂の中も炉台と同じように
かさを上げてモルタル・タイルという流れです。

2012031707.jpg

洗面所も腰までタイルばりにするので、
野地板をはってラス網まで終わらせました。

それから、吹き抜けの上の部分に三角形の開口部があって
そこはまだふさがっていなかったのですが
やっと窓を入れました。

2012031706.jpg

窓と言ってもツインカーボというガラスではない
ポリカーボネートの板をはめ込んでいます。
軽いしカッターで切れるので施工生はいいし
見た目もなかなかよろしい感じ。
中空層が在るので、断熱もやや期待できます。

あと、ようやく一階の大引をいれました。

2012031701.jpg

今週、この家の棟梁であるかずきくんが来てくれまして
手伝ってくれました。

よしよしこれでようやく床が貼れます。
そしたらこうなって、ああなってと
先が見えてきましたね〜

思えば1年前はかずきくんと一緒に材料を刻んでいたんです。
そしてその工場のラジオで地震の一報を聞いて。

その被害の大きさや、あまりにも多くの方が亡くなっているので
震災という漠然とした大きなダメージに押しつぶされそうになったり
俺はいま家を造って何をやっているんだろうと思ったりしましたが
ひとつひとつの悲しい出来事をしっかりと想って精一杯生きなければね。

2012031709.jpg
posted by ようせい at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする