2011年02月24日

刻みはじめ

2月18日

とうとう刻み開始!しました。

CA3A0745.jpg

記念すべき最初の一断ち。

CA3A0746.jpg

まずは母屋の腰掛け鎌継ぎという継ぎ手を作っていきます。

なかなか上手に出来てるんじゃないでしょうか。
これは男木。まさに男木。

CA3A0747.jpg

丸ノコと手ノコで形を作って、
ノコが入らないところはノミで削っていきます。

基本的に刻みは、土台などの「下」側の材料からやったり、
屋根を支える母屋など「上」の材料からやったりと
順番にやっていくそうなのですが、今回は「上」からやっています。

CA3A0748.jpg

2月21日

つづいて鎌継ぎの女木を作ります。

CA3A0750.jpg

これが出来上がりの形。

CA3A0752.jpg

まず角ノミで四角い穴を空けて

CA3A0753.jpg

つづいて腰掛け(段になっている部分)を丸ノコで落として
鎌のところは、ノミで形を作っていきます。

木の繊維方向によって、大きく削れたり、上手く削れなかったりするので
そのあたりの力加減は慣れでしょうか。

これは結構時間がかかります。
一日で8カ所ぐらいが精一杯。
慣れればもっとできるんだろうなぁ。

CA3A0751.jpg
posted by ようせい at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

電柱がきた

2月14日 午後から大雪

大工のkazuki君が忙しそうなので、まだ木材の刻みは開始されておりませんが
先日工場をのぞいたら

CA3A0710.jpg

母屋の墨付けが終わってました。
今週の半ばくらいからは、本格的に始動しそうです。

それまでは、現場で丸太の皮むき。

CA3A0709.jpg

ほとんどが冬に伐った木なので、皮がしっかりくっついていて
手作業で剥がすのは、なかなか大変です。
寒くて凍ってるし・・・

皮むきの機械もあるようなので、頼ろうかなぁと心が揺れています。

そういえば、現場に電気がやってきます。
仮設の電気が来れば、やれることも増えますね〜
今日も現場にいたら、トラックがやって来て電柱を置いて行きました。
3月初めくらいから使えるようになるそうです。

ちなみに電柱を立てて、電気を持ってくるのは電力会社がタタでやってくれます。
あまりにも本線から遠いと、実費を取られると思いますが
家が建って、今後継続的に電気を使用するということであれば
ほとんどの場合、設置費用は電力会社が持ってくれるようです。

posted by ようせい at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

透明波板貼り

2月6日 薄曇り〜小雨 午前中は小春日和。

CA3A0699.jpg

先日作った温室の屋根に透明波板を貼ってみました。
助っ人は和ごころ農園の伊藤くんとウチにホームステイ中のデザイナー純ちゃん。

CA3A0701.jpg

下に落ちそうだと二人は怖々ですが、
なかなか上手にできました。

午後は、農園でお手伝い返し。

CA3A0704.jpg

2月7日 曇ったり晴れたり

今日は、スロープに積まれた丸太たちを、ユニックで移動。
ウチの家づくりでは、屋根の板金をやってもらう厚くんに来てもらいました。

平らな場所に移動して、これで皮むきもやりやすくなりました。

そうそう。「ヒノキ丸太の皮むき隊」随時募集中です。



posted by ようせい at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ベイル何段積むか

2月3日 はれ 今日も暖かい

材料が入って来て、早速墨付け?と思ったらその前に、
大工の和輝くんが、なにやら長い棒に線を書き込んでいます。

CA3A0690.jpg

これ。検棹(けんざお)というそうで、家づくりの物差しらしい。
この棒をもとに、材料に墨付けしていくそうです。

いちいち計っていたら、寸法にばらつきがでたり、
たぶん間違いも多くなりますからね、きっと。

そして、その検棹を作るためにも決めておかなければいけないこと。

ベイルを何段積むか?

悩みました。
買った材料のほかに、新月伐採した6mの通し柱が7本あるので、
それがうまく使えるように、あまり1階の階高は高く出来ません。
でも屋根が3寸勾配なので、2階の高いところが結構な高さになるので
バランス的にも、ベイル部分を高くしたい。

ということで、ウチの場合は、10段積んでみようと思っています。
ただ、それが一階の高さというわけではなくて、
2階のところまで1段分掛かるくらいにすることにしました。

これまで関わったストローベイルハウスでは、7段か8段くらい。
10段積むと、下のベイルが沈まないか、やや心配ですが、
固めのベイルで、しっかり固定してやってみようと思います。

さてこれで1階の基礎から胴差しまでの高さが決まりました。

すでにある材料を活かすこと、住みやすさ、デザイン・・・
考えることがたくさんありますが、上手くいく答えはきっとあるはず。












posted by ようせい at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

材木到着

2月2日。はれ。久しぶりに暖かい日。

CA3A0687.jpg

材木が工場に到着!

CA3A0686.jpg

バックオーライ。

CA3A0688.jpg

やってきました、材木たち。
まずは、柱とか縦方向の材料ではなくて、
梁などの横方向の材料から刻みをしていくので
その材料を先に発注しました。

思ったより少ない感じ。
あれ?足りてる・・・はずです。

この材料のほかに、近所でもう大工さんをやめたところの
工場にたくさん材木が眠っていて、

それを、な・なんと

好きなように使っていいよ!と言われたので
使えそうなものを集めて、サイズが揃うように挽き直してもらいました。

材木と言っても、使うまでには一手間掛かるものばかりですが
それでも大変ありがたーい。
造作なんかにもかなり使えそうです。

CA3A0689.jpg

絵図板。大工さんの設計図。
これをもとに刻みをしていきます。


posted by ようせい at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。