2010年12月25日

こんな家になるはずが

今日は雪でした。
最高気温も0度までしか上がらず、寒いクリスマス。
今年はあまり寒くなかったので、ようやく来たか!と言った感じです。

とは言え、この時期はだんだん外作業が億劫になってきて
体も冬ごもりモードになりがちですが
いろいろやることはあるので、頑張らねばと思っています。

家づくりは、とりあえず構造材のリストアップをしてもらって
図面をもとに模型を作ってもらいました。

CA3A0632.jpg

すごい!

CA3A0636.jpg

建前終わったみたいでしょ。

この段階で、あれれちょっとイメージより立派な家だぞ、と思ったのですが
やはり案の定予算的にキビシい。

家のフォルムなどは気に入っていたのですが、思い切って設計を変更しようと思います。
無い袖は振れないということで。
より小さな家に・・・敷地はデカイけど。

CA3A0629.jpg

こちらは車庫用に切り倒した丸太を敷地まで運んでもらいました。
長いものは9mもあるので一苦労です。

CA3A0630.jpg

長い丸太を運んでもらうなんて、なかなか無い機会なので
車庫に使う分より余計に運んでもらいました。

丸太があれば、空いたところにいろいろ作れます。ふっふっふ。


暖かい日は麦踏みが気持ちいい。

CA3A0653.jpg
posted by ようせい at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

11月のこと

油断していたらもう12月ですね。

CA3A0596.jpg

敷地はスッキリ。
いつでも基礎をどうぞ、と言った感じですが、
もう氷点下になることもしばしば。なので
コンクリートは春までおあずけです。

CA3A0605.jpg
CA3A0608.jpg

I重機さんが植木を持って来てくれたので、早速植えました。
生け垣になっているのはツゲの木。
南側の斜面には落葉樹のサルスベリとハナミズキを植えています。

まず根が収まるくらいの穴を掘って木を据えたら、
土をいれて水をたっぷり掛けます。
それから木の幹をもって小さく上下に動かすと、
土の表面にうっすら水が浮いてきます。
こうすることで、根の隙間まで土が入り込むそうです。

それから杭を打って、幹とヒモで縛り付け、風で揺らされないように補強して終了。
杭と木が触れあう部分には、布などを巻いて当てておくといいようです。

ツゲの木は横に竹の竿を渡して、あちこちに成長しないように
基準を作っておきます。
むむむ、植木も奥が深いゾ・・・

CA3A0597.jpg

あたらしい畑には小麦を巻きました。

CA3A0606.jpg

5月に植えた落花生が豊作です。
塩ゆですると最高。あとひきます。



CA3A0613.jpg

あれ?
そこは道?

いえ。軽トラ落ちちゃってます・・・

池の横の道にもサルスベリを植えたのですが、
そこに鶏糞をあげようと軽トラに積んでバックしていたら
左後輪が手前の段差に落ちて、あっヤバい!と思ったら、
するすると下がってしまって

あとは、もう訳分からず、ガンガン、ごん!と落下。
まぁ池に落ちなくて良かった。

ユニックでは上げられないということで

CA3A0614.jpg

でかいクレーン車に釣り上げられました!

幸い軽トラはマフラー交換とちょっとした板金で済みましたし、
身体も無事で、まぁよかったよかった。


CA3A0623.jpg

車庫を作るための丸太を切り出しました。
あまり太くないヒノキですが、これでも倒すとなかなかの迫力があります。
油断してると危ないです。

木が混んでるので、枝に掛かって倒れてくれない木もあって
最後は重機で引っ張ってもらいました。

CA3A0624.jpg

切り株から上を見上げると、そこだけぽっかり空が見えます。


CA3A0622.jpg

小麦が発芽。
がんばれ。





posted by ようせい at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする